医師選びの重要性

歯ブラシ

現代医療の進歩は目覚しく、私たちが健康に生き続けられる大きな原動力となっています。
歯科治療においてもそれは当てはまり、従来よりも痛みの少ない治療法や見た目が美しい治療法が開発され続けています。
インプラント治療が今のようにポピュラーな治療として知られるようになる前、歯を失った場合はブリッジ治療や部分入れ歯治療を受けるのが一般的となっていました。
これらの治療法は、保険が適用され治療を受けやすいメリットがありますが、徐々に失った歯の部分のアゴの骨が痩せ細っていきます。
インプラント治療では、アゴの骨に人工歯根を埋め込んでその上に人工歯を被せるので、本物の歯同様の噛み心地があり、なおかつ噛む力がアゴの骨に直接伝わるのでアゴの骨が痩せません。
アゴの力を劣化させず、鍛える事も可能なのです。

治療後の見た目が本物の歯と変わらず、使い心地や日々のメンテナンスも申し分ないインプラント治療は、歯を失ったどんなケースにも対応出来るようになってきています。
虫歯で歯を1本抜いた箇所に埋めるケースや、歯をほとんど失った方にも対応出来るオール・オン・4といった治療法もあります。
インプラント治療はアゴの骨に人工歯根を埋め込むため、人工歯根が骨に定着するまである程度の期間を設けた上、人工歯を被せるのが数年前まで一般的でした。
しかし、最新の治療では人工歯根を埋め込んだその日の内に、仮歯を装着する治療法もあります。
治療前の診断では歯科用CTシステムによる立体的なシミュレーションが可能となっており、治療のミスはほとんどありません。